PHOTOGRAPHER
Hiroaki Yamaguchi

BLOG

diary

170529ohashigym01.jpg
先日、大橋ボクシングジムの選手の撮影をさせて頂く機会がありました。
松本亮くんは、デビュー前から撮影させて頂いているのですが、たくましく精悍なボクサーになりました。

デビュー前の写真がこちら
111102ryo01.jpg
111102ryo02.jpg
写真を見返すと、あどけない少年が大人の男になっていることを実感します。


ジムに行ってびっくりしたのが、試合後間もないというのに、八重樫東くんがジムワークを開始していたことです。
無性に彼のポートレートが撮りたくなり、レンズの前に立ってもらいました。
170529ohashigym02.jpg

さまよう拳はどこへ向かうのでしょう・・・

170511_01.jpg

東京都の最高峰、標高2017mの雲取山に2017年の今春に登ってきました。
雲取山は、山登りをはじめた6年前に一度登っているのですが、その時は山頂直下の避難小屋が山頂だと勘違いしてしまい、山頂まであと2分というところまでしか辿り着いていませんでした。
そして、パートナーのアフターアワーシゲルさんが両足と股関節の痛みで下山するのがとても大変だったこともあり、今回は無事に山頂を踏んで下山することが目標。

順調に七ツ石小屋を経て七ツ石山に。
170511_02.jpg
170511_03.jpg
 
 
鹿さんに会いたいけれど、痕跡ばかりで姿は見られず。
170511_04.jpg
170511_05.jpg
 
 
高度が上がると、富士山の姿も見えはじめるのですが、この日は雲の中に頭が隠れていて、はっきりと見えず。
170511_06.jpg
170511_07.jpg
170511_08.jpg
 
 
山頂間近!
トレールランナーが我々を追い抜いていきます。
170511_09.jpg
 
 
山頂に着いて、びっくり!
先ほど我々を追い抜いて行ったトレールランナーは、なんと私がボクシングをしていたジムの後輩で、現役A級ボクサーの藤井貴博くんだったのです。
山小屋に荷物を上げる歩荷(ボッカ)をしたり、トレールランニングをしていることは知っていましたが、まさか雲取山頂で藤井くんと会うとは!
私のようなおじさんには、山を走るなんて到底できない。
170511_10.jpg
170511_11.jpg

驚きの再会もあった雲取山ハイク、後半アフターアワーシゲルさんが右膝に痛みを感じたようでしたが、無事に下山して奥多摩温泉もえぎの湯でさっぱり。
 
夏に向けて、来月も山に!

170414-01.jpg
赤城山に登ってきました。
パートナーは、いつものアフターアワーシゲルさん。 
 
 
170414-02.jpg
登山口でアイゼンを履き、スタートから急登。 
 
 
170414-03.jpg
黒檜山に向かう途中で、凍結した大沼がはっきりと見えます。
青空は見えるものの、すっきりとした空ではないのがちょっと残念。 
 
 
170414-04.jpg
170414-05.jpg
残雪がたっぷり。
雪はしまっていて、歩きにくいわけではない。
 
 
170414-06.jpg
170414-07.jpg
黒檜山頂でお昼ご飯。
休憩してから駒ケ岳に向かいます。
 
 
170414-08.jpg
170414-09.jpg
170414-10.jpg
視界もよく、気持ち良い雪散歩。
 
無事に下山し、帰りは富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館で汗を流してさっぱりしました。

登山部発足から6年経ち、今夏には大変そうな山への山行を計画中。
トレーニングとして、夏まで毎月登ります。