PHOTOGRAPHER
Hiroaki Yamaguchi

BLOG

diary

170511_01.jpg

東京都の最高峰、標高2017mの雲取山に2017年の今春に登ってきました。
雲取山は、山登りをはじめた6年前に一度登っているのですが、その時は山頂直下の避難小屋が山頂だと勘違いしてしまい、山頂まであと2分というところまでしか辿り着いていませんでした。
そして、パートナーのアフターアワーシゲルさんが両足と股関節の痛みで下山するのがとても大変だったこともあり、今回は無事に山頂を踏んで下山することが目標。

順調に七ツ石小屋を経て七ツ石山に。
170511_02.jpg
170511_03.jpg
 
 
鹿さんに会いたいけれど、痕跡ばかりで姿は見られず。
170511_04.jpg
170511_05.jpg
 
 
高度が上がると、富士山の姿も見えはじめるのですが、この日は雲の中に頭が隠れていて、はっきりと見えず。
170511_06.jpg
170511_07.jpg
170511_08.jpg
 
 
山頂間近!
トレールランナーが我々を追い抜いていきます。
170511_09.jpg
 
 
山頂に着いて、びっくり!
先ほど我々を追い抜いて行ったトレールランナーは、なんと私がボクシングをしていたジムの後輩で、現役A級ボクサーの藤井貴博くんだったのです。
山小屋に荷物を上げる歩荷(ボッカ)をしたり、トレールランニングをしていることは知っていましたが、まさか雲取山頂で藤井くんと会うとは!
私のようなおじさんには、山を走るなんて到底できない。
170511_10.jpg
170511_11.jpg

驚きの再会もあった雲取山ハイク、後半アフターアワーシゲルさんが右膝に痛みを感じたようでしたが、無事に下山して奥多摩温泉もえぎの湯でさっぱり。
 
夏に向けて、来月も山に!

170414-01.jpg
赤城山に登ってきました。
パートナーは、いつものアフターアワーシゲルさん。 
 
 
170414-02.jpg
登山口でアイゼンを履き、スタートから急登。 
 
 
170414-03.jpg
黒檜山に向かう途中で、凍結した大沼がはっきりと見えます。
青空は見えるものの、すっきりとした空ではないのがちょっと残念。 
 
 
170414-04.jpg
170414-05.jpg
残雪がたっぷり。
雪はしまっていて、歩きにくいわけではない。
 
 
170414-06.jpg
170414-07.jpg
黒檜山頂でお昼ご飯。
休憩してから駒ケ岳に向かいます。
 
 
170414-08.jpg
170414-09.jpg
170414-10.jpg
視界もよく、気持ち良い雪散歩。
 
無事に下山し、帰りは富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館で汗を流してさっぱりしました。

登山部発足から6年経ち、今夏には大変そうな山への山行を計画中。
トレーニングとして、夏まで毎月登ります。

170119blog-05.jpg
 
 
 昨年夏から山には行っていなかったので、足慣らしとして陣馬山から高尾山までハイキングしてきました。
今回アフターアワーシゲルは欠席で、もう一人のシゲルと二人でのハイク。
 

JR高尾駅からバスに乗り陣馬高原下で下車。
しばらく舗装路を歩くと登山口があります。
 
 
静かな森を黙々と登っていき、山頂が近づくと残雪に覆われていました。
登山道は凍っていてツルツル。
慎重に歩を進めないと危険。
 

170119blog-02.jpg

170119blog-03.jpg
 
 
薄曇りで、くっきりと姿を見せてくれなかった富士山。
陣馬山頂の山小屋には若い女性の姿もチラホラ。
もう一人のシゲルにお汁粉をご馳走になりました。
冬の山で温かいものを口にできるとホッとします。

傾斜穏やかな尾根を進み、木々の隙間に覗く空には少し青が見えはじめました。 
 

170119blog-06.jpg

170119blog-07.jpg

170119blog-04.jpg

170119blog-08.jpg

170119blog-09.jpg

170119blog-10.jpg
 
 
 
関東平野が一望できる景信山で昼ごはん。

膝や腰の痛みもなく、無事に高尾山口駅に到着しました。
陣馬高原下バス停から高尾山口駅までの総歩行距離は18km。

冬の山に持っていく水の量や、レイヤードの仕方などを少しづつ思い出し、次回はもう少しバックパックを軽く出来そうです。
 
 

一泊二日でサンフランシスコに出張。

ニューヨークより道端のゴミも少なくて好印象。

161103sf-01.jpg

路面電車のターンテーブルは手動。


161103sf-02.jpg


161103sf-03.jpg

ユニオンスクエアでは、もうクリスマスツリーの飾り付けがはじまっています。


161103sf-04.jpg


161103sf-05.jpg
San Francisco-Oakland Bay Bridge サンフランシスコ オークランド ベイブリッジ

打ち合わせが終わった時間には日没がはじまっていて、撮影する時間はほとんどありませんでしたが、初めて訪れる街をぶらぶら歩くのは楽しい。

夜になると、ホームレスの数が多く、ニューヨークよりちょっとだけ緊張感があった気がします。

次に来ることがあれば、ゴールデンゲイトブリッジを撮りに行きたいな。